藤岡リナの夏場でも基礎化粧品(クリーム)は必要です

藤岡リナの夏場でも基礎化粧品(クリーム)は必要です
何故か、夏になると、さっぱりしたいから、クリームはつけない・・・・と言う人がいますが、今日はこのクリームについて考えましょう。

基礎化粧品の最新のスキンクリーム剤は、化粧品法に違反しないように皮膚表面にとどまるように造られています。ターンオーバーも年齢とともに遅くなり、補修するまでには時間がかかり、表面の障壁の機能が低下して、皮膚の下のほうの細胞がダメージを受けやすくなります。そこで基礎化粧品は、角質層を強化するクリームが効果的な解決策となってくるのです。

もし角質層が正常に働けば、皮膚の下のほうの老化が始まる場所は自分の面倒をきちんとみられるようになるのです。
基礎化粧品は指だけでは感じられなかった肌の柔らかさに驚くはずです。塗ったその時に油分が多いと感じたり、ベタついていたらティッシュでふきとり、翌朝ベタつくことがあったら、夜に塗る量をさらに減らとてみましょう。基礎化粧品のクリームは分量を考えながら塗ることも、美肌作りには重要なポイントなのです。基礎化粧品の化粧水の最も基本的な役割は、肌の天然保温因子を補い、上皮の水分を保ち乾燥を防ぐことです。日光やセントラルヒーティングなど多くの環境因子も乾燥を促進してしまうので、最も新しいクリームは外的な刺激を防ぎ、皮膚自身の保護する機能を強化する設計がなされています。


基礎化粧品はオイリー肌の人は、クリームや乳液を敬遠しがちですが、オイリー肌だからといって肌が潤っているわけではありません。基礎化粧品は年齢を重ねたTゾーンはオイリーでも、頬や目の周りは乾燥していることがほとんどですので、オイリー肌でもオイリーなところにはつけない部分使いや、なるべく軽いのものを選べば、ベタつきは気にならないでしょう。基礎化粧品の乳液は―度塗っただけでは肌へのなじみ方に満足が得られないので、指で軽くなじませたらもう一度、コットンに乳液を含ませ滑らせるように塗ってみてください。
いくら、美容液でしっとりとりとしたタイプの物を使っていても、やはりきちんとクリームを重ねましょう!

藤岡リナも、美白系のクリームや保湿系、リフティング系などから、その日の肌の状態を考えてチョイスします。
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
藤岡リナの本
line
最新記事
line
リンク
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
結婚・家庭生活
895位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
181位
アクセスランキングを見る>>
line
sub_line